足の臭いの原因物質「イソ吉草酸 」対策でお座敷も怖くない!

履いていた靴が臭いってる女性

冬場になると飲み会が多くなり、お座敷のある居酒屋さんで忘年会なんてことがあります。

でも、ひとつ気にかかることがあります。

それが靴を脱いだ時にむあっと広がってくる独特の臭いです。

職場の人と一緒に行くとなると、「この人足臭すぎ…。」を心の中で思われているのではなないかととても不安な気持ちになります。

せっかくの楽しい飲み会だけれど足の臭いを気にして参加しないなんていうのはなんだか悲しすぎます。今回は、気になる足の臭い対策について解説します。

 

【注目記事】ワキガだとばれないために持っておくと便利な商品とは?

 

足の臭いの原因「イソ吉草酸 」対策方法

足の裏は実は一日でコップ1杯分の汗をかきます。この汗にバクテリアが繁殖して、イソ吉草酸という臭いの物質を発生します。

これがツーンとした独特の足の臭いの原因になります。菌は足の触れている場所全てに移ります。

ですので臭いの対策をするためには靴、靴下、足のすべてで行う必要があります。靴の場合は抗菌スプレーで殺菌し、履いた靴下は2回履いてはいけません。

足のバクテリアを除去するためには様々な方法がありますが、今回は安価で効果の高い重曹を使った対策方法をお教えします。

イソ吉草酸は酸性の物質なのでアルカリ性である重曹を使って洗うと臭いが中和されます。

方法はいたって簡単です。

洗面器にお湯をはり、大さじ3杯ほどの重曹を溶かします。そこに10分から20分足を浸すだけです。

これを毎日行うと臭いは段々と軽減されていいきます。

足の臭いの原因は靴底、靴下、足の3つから責めないとバクテリアを殲滅することができません。足の匂対策を始める人はこの3つをきちんと清潔にするよう心がけましょう。

急な飲み会でお座敷に行くことになった時の足臭対策

足に消臭スプレーを吹きかけている

まず、飲み会などで靴を脱がなくてはならなくなった時の対処方法です。

用意するものはウエットティッシュ、足用の消臭スプレー、もしあれば代えの靴下です。足が臭う原因は足に発生しているバクテリアが原因です。これらは足だけでなく、靴下や靴の中にも付着します。

抗菌ウエットティッシュを使ってまず、靴下の上から足を拭きます、さらに消臭スプレーを吹きかけて乾くのを待ちます。これだけでも効果はありますが、まだ臭いが気になる場合は新しい靴下に履き替えるのが最も効果的です。

まとめ

いかがでしたか?

女性なら特に足の臭いは気になるものではないでしょうか?

すごい可愛い子でも、足が臭かったら台無しです。もし少しでも気になる方は日ごろから臭いの原因菌を繁殖させづらい体質へと体質改善をしましょう。

その上で、しっかりと重曹を使って靴下などを洗濯して、臭いの元を残さないように心がけましょう。

また、緊急で足臭対策ができるように消臭スプレーも常備しておくと良いでしょう。

こちらでご紹介しているクリアネオというデオドラントなら、足の臭い対策にも使え体臭対策としても使えます。

ちょっと体臭が気になる方は、予防として1つお手元に持っておくと安心かもしれませんね。

【人気記事】わきが対策デオドラント人気の5つを比較ランキング!

【注目記事】ワキガだとばれないために持っておくと便利な商品とは?

 

コメントを残す

サブコンテンツ