足の臭いの原因は汗じゃない?!基本的なニオイ対策3ステップ

革靴を手に臭そうに鼻を押さえる女性

新入生や新入社員が入ってくる歓迎会シーズンや、年末の忘年会シーズンになると、必ずと言っていいほど「足の臭いが気になる」という悩みを抱える人が出てきます。

確かに足の臭いは周りの人間も迷惑でしょうし、好きで臭いわけじゃない本人にとっても心の傷になりかねません。足はなぜ臭くなるのか、どうすれば臭い対策ができるのかについて説明していきましょう。

足の臭いの原因は汗じゃない?!

足の裏といえば、たくさん汗をかくことは意外と知られていないのではないでしょうか。

実は、体のなかでも最も汗をかく場所のひとつで、1日当たり200ミリリットル、コップ1杯分の汗をかくのです。

汗をかくと服が臭くなってしまいますし、多量の汗をかく足の裏なら臭くなるのも当然だろうと思う人もいるかもしれませんが、意外にも汗そのものの臭いはほとんどないのです。

これはサウナに入ったとき、臭いがあまりしないことが証拠になります。

もし汗そのものに臭いの成分が含まれているのなら、蒸発した汗が充満しているサウナの臭いはとんでもないことになりそうですが、実際にはそうではありません。

実際、汗の成分の大半は水分と塩分で、臭いの原因になりそうなものはほとんど含まれていないのですから、この結果は当然といっていいでしょう。

足の臭いの原因は細菌の繁殖

雑菌

では、なぜ足が臭くなってしまうのでしょうか。結論から先に書けば、足の裏で細菌が繁殖していることが原因で、その細菌から分泌される物質が臭いのもとになっているのです。

上にも書きましたように、汗の大半は水分で、細菌の繁殖を助けてしまうのです。

ただ、足の裏の汗は基本的にエクリン汗腺から分泌されるもので、わきがの原因となるアポクリン汗腺の汗のように、脂質やタンパク質といった細菌のエサとなるような栄養分は含まれていません。

では、細菌はどこから栄養分を得ているのでしょうか?

ひとつは、足の裏から分泌される皮脂です。足の臭いが強い人は、靴下を脱ぐとパリパリになってしまっていることが多いですが、これは汗が原因ではなく、皮脂が原因なのです。

靴下がパリパリになるほど皮脂の分泌量が多い人は細菌のエサが豊富だというわけで、エサが豊富なら細菌が繁殖しやすく、発生する臭いも多くなってしまうというメカニズムなのです。

もうひとつは、古くなった角質です。人間の体は新陳代謝を繰り返しており、古くなった皮膚や角質は老廃物となってしまいます。

ただ、老廃物とはいっても元は人体の一部だったものですから、タンパク質や脂質といった栄養分を多く含んでいます。

これが汗の中に溶け出して細菌の栄養分となり、繁殖を助けて臭いを発生させてしまうというわけです。

基本的な臭い対策3ステップ!細菌の繁殖を抑えるのがカギ

女性の綺麗な美脚

こうして原因を挙げてみると、臭い対策もある程度見えてきます。

いかにして細菌の繁殖しにくい環境を作るかがカギになってきます。いくつかそうした例を挙げてみましょう。

ステップ1:足はしっかりと洗う

上にも書きましたが、足の裏の細菌の栄養分となっているのは、付着している老廃物です。

つまり、この老廃物をしっかりと落としてやれば、臭いの元となる細菌の繁殖を抑えることができるのです。

特に気を付けてほしいのは、指と指の間です。

ここは丁寧に洗っておかないと、すぐに垢がたまってしまいます。ちゃんと洗っているはずなのに、足の指の間に垢がたまっていたという経験がある人もいるでしょう。

それだけ洗いにくい場所でもあるので、お風呂で体を洗うときには注意しておきましょう。

ステップ2:足が蒸れないようにする

汗そのものには細菌の栄養分はありませんが、汗による水分が足の裏での細菌の繁殖を助けているのも確かなのです。

ならば、できるだけ足が蒸れないようにしておけば、細菌の繁殖力も低下するでしょう。

例えば、休みの日は基本的に靴下を履かずに裸足でいる、汗をかきやすい夏場はプライベートではサンダルをはくといった具合です。

こうすれば足をしっかりと乾かすことができますので、細菌の繁殖力が低下し、臭いも減るというわけです。

ステップ3:靴の中はしっかりと乾燥させる

足の方を乾燥させても、靴の方に汗や皮脂が残っていればそこで細菌が繁殖し、臭いの原因になってしまいます。

スニーカーなどは洗ってしまえば解決ですが、革靴などの場合はそういうわけにもいきません。

革靴やブーツといった蒸れやすい靴の場合、複数を2日ごとに履き替えるなど、内部に水分が残らないようにするのがいいでしょう。

可能であればそのときに天日干しを行い、乾燥と同時に殺菌も行うのがいいかもしれません。また、蒸れないようにするために効果があるのが中敷きです。

消臭剤入りのものならなおよしで、足の臭いを大幅に減らしてくれることでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

足の臭いの軽減は、自分で適切なケアをすることで可能なのです。

しっかりと足を洗う、できる時には足をしっかりと乾かしておく、適切な靴の手入れをするだけでOKです。

宴会シーズンには、そうした自己管理を徹底し、足の臭いで他人に迷惑をかけないようにしたいものですね。

【注目記事】足の臭いの原因物質「イソ吉草酸 」対策でお座敷も怖くない!

【人気記事】足の臭いにも使えるデオドラント「クリアネオ」の効果とは?

コメントを残す

サブコンテンツ