わきがの治療の料金はいくら位かかるのか?

手術の料金を計算する医師

「わきがの治療というのが行われているのは知っているけれど、料金はどのくらいするものなんだろう。」

「わきがの悩みがあって治療を受けたいけれど、いくらかかるか分からないから不安で診察に行く事ができない。」

などなどわきがの治療について疑問点や不安なことというのはあるかと思います。

そこで一番気になる部分である治療の方法や料金についてお話をしていきます。

 

【注目記事】わきが対策デオドラント比較ランキング管理人おすすめ1~5位はコレ!

 

わきがで受診をする場合は皮膚科へ行くべし

わきがの治療を受けようと決めたときに、まずはどこに行ったらよいのかが分からないという人はたくさんいるようです。

わきがの治療というのは皮膚科でも美容外科でも行われています。一番最初にわきがの治療で受診すべき場所は皮膚科になります。

まず一番最初に医学的な目線でわきがの判断をするのです。本人がわきがだと思っていてもわきがではない場合などもあります。

他の病気が見つかることもあります。まずは皮膚科を受診して今後の治療の流れを決めていきましょう。

皮膚科を受診すると保険が適用になります。

わきが治療の流れ

わきがの治療の流れは病院はクリニックによって違いはありますが、基本的なことは同じになります。

1.まず皮膚科を受診

まずは皮膚科を受診して症状の度合いなどをみてもらいます。

最初の診察で手術になることはほとんどなく、大体が薬物療法で塗り薬や内服薬を処方されます。

そして生活習慣の指導などもある場合があります。

2.薬物療法で改善していく

薬物療法でわきがが改善されなかった場合は別の治療を考えます。手術という選択肢もあります。

この際に今後の治療を皮膚科で受けるか、美容外科などで受けるかを決めていきます、病院をうつるときは紹介状を書いてもらいましょう。

3.わきが治療や手術が開始

いよいよ本格的にわきが治療や手術が始まります。わきがの治療や手術の方法はたくさんの種類があります。

わきがの症状や本人の希望に合っているものを医師を相談して選んで進めていきましょう。

4.アフターケア

術後などには経過を確認していく場合があります。

わきが治療と手術の料金とは?

わきがの手術や治療の方法はわきがの症状に合わせたものを選択していく必要があります。

症状とあっていない治療方法というのはわきがが改善されないことが多いです。

ボトクス注射

軽度のわきがの症状におすすめの治療方法です。脇の下にボトックス注射をする治療方法です。

保険が適用されるため料金は安くなることもあります。しかし保険が適用されな料金の自由診療のほうがわきがの効果に対するメリットはたくさんあります。

いずれにしろ重度のわきがの症状の人には向かない治療方法です。

料金は自由診療の場合、6〜8万円ほどが相場のようです。

ミラドライ

レーザーを当てることで汗腺を破壊する治療法です。今人気の治療法でもあります。

重度のわきがの場合は再発してしまう可能性もありますが、ボトックスと違って効果は永久的なものです。

料金は7万円から15万円程度と幅があります。

吸引法

脇の下に小さな穴をあけて管を入れて汗腺をかき出して吸い出します。脂肪吸引の原理と同じです。

この手術のデメリットは直接目でみて汗腺を取り除いているわけではないので取り残しが起こってわきがの臭いが再発してしまうことがあるということです。

料金はおおむね30万円ほどかかります。

剪除法

脇の下を4センチほど切開して皮膚を裏返して直接目でみて汗腺を取り除いていく手術方法です。

この手術はわきがの治療の中で一番効果の高いものです。デメリットは目立つ傷跡が残ってしまうということです。

料金は保険が適用になって4万円くらいからです。

わきが治療には再発のリスクも

わきがの手術や治療は高い料金を払って受けたとしても再発してしまうリスクがあります。

その原因としては自分のわきがの症状にあっていない手術方法を選択してしまた場合や、意思の技術力が低かった場合などです。

病院やクリニックを選ぶときは料金だけではなくて、治療の内容や医師も慎重に選んでいく必要があります。

【注目記事】わきが対策デオドラント比較ランキング管理人おすすめ1~5位はコレ!

【人気記事】うそ?わきが治療法の最新技術ミラドライの口コミに信憑性はない?!

コメントを残す

サブコンテンツ