体臭・わきがの原因を全部排除したらニオイがなくなる理論?!

ホワイトボードを指さす男性

へんてこな理論を考えてみました。

体臭やわきがには原因があると仮定して、その原因が特定できるとする。

とすると、 その原因がすべて排除できれば、体臭が消える。

ということになるのではないか?以下、オリジナルの考え方をご紹介します。

【人気記事】わきが対策デオドラント人気の5つを比較ランキング!

 

10年もすると、わきがや体臭は治す時代になる?!

思うに、今の医療技術を持って多汗症やわきがが治らないなんてことがあるのかなぁ?

実際、手術をして失敗したとか、後遺症が残ったっていう話がネット上に上がってるけど、それっていつの話よ!

 10年も前の話だったら、ちょっと考えどころですよね。10年もあれば医療技術は格段に進歩しますからね。

それと、ネット上に後悔を後悔するひとより、圧倒的に手術が成功してニオイが消えた人の方が多いと思う。 とはいえ、そういう人は自ら、自分は手術成功しました!っていうことをかくことは考えづらいですよね。

となると、やっぱり失敗したり後遺症が出た人の声の方が 多くなっちゃうんだろうな。ちょっと話がそれましたけど、結局今かなり技術が進歩してて、 多汗症による体臭やわきが、加齢臭、足臭、口臭 どれをとっても昔よりは治療しやすくなってると思います。

それに対してリスクを恐れるよりも、しっかりとリスクを見定めて、治った時のリターンを 考えるべきじゃないでしょうか?

手術は怖いけど最近の手術はかなり効くらしいし・・・

ゴム手袋をした医師

私は正直、手術まではしてないですけど、手術も考えました。

それでも当時はまだまだ 技術が発展途上で、今のような超音波治療や電磁波を使った治療法なんかも ほとんどなかったから踏み切れませんでした。

今は良いですよね、ミラドライやウルセラドライという方法はかなり有効だと聞きます。

一昔前は、わきがの手術というと剪除法という方法が一般的で、 切って治すという、今の超音波治療と比べると格段に リスクの高い方法がメインでした。

もちろんお医者さんによって手術の結果はまちまちで、効果にムラがあるというのが一般常識でした。

もちろん、今でもお医者さんの腕によるところはありますが、一昔前よりよっぽどそのリスクは減ってきてると思います。

私は、運よく効き目のあるデオドラントを見つけたのでしばらくはそれでニオイをしのいでますけど、またいつニオイが強くなるか分かりません。

そうなったときは、本気で手術を考えようと思ってます。ちょっと取り留めのない文章になりましたが、今の医療技術であれば、体臭は手術で治るんじゃないかな?

アポクリン汗腺を100%除去できると理論上わきが・体臭はなくなる!

体臭の原因となるアポクリン汗腺の除去に関しては 少なくとも可能です。

とすれば、わきがの原因の大半がアポクリン汗腺だから、アポクリン汗腺がなくなればわきが臭はなくなるはずです。

あとは術後臭をどう考えるかですけど・・・。

それから、手術の良し悪しは、医師の技量によるところが大きいので、経験の浅い医師よりも、ベテランで評判の良い医師に担当してもらえるとより成功の確率は高くなるでしょうね。

わきがの原因がシンプルで分かりやすくないから、これだけ多くの人が悩むことになるんでしょうね。

複雑だけど、治る可能性は格段に上がってきているので、今後の技術のさらなる進歩に期待しましょう!

コメントを残す

サブコンテンツ