子供のわきがはいつから発生するの?薬で治せる?

ランドセルを背負った男の子女の子

生まれた時からずっとわきがの臭いがするという人はいないと思います。

小さい子供でわきがの臭いがしているというのも滅多にないことかと思います。

では、子供のわきがというのは、実際にはいつから臭いが出始めるのでしょうか?

子供のわきがは本人にとってはとても辛いことだと思います。場合によっては自分では気づかないという子供もいるようです。

ここでは、子供のわきがの臭いがいつから発生するようになるか、またその原因、対処法・治療法について情報をまとめてご紹介します。

>>子供でも使えるクリアネオ!300日間使ってみて分かったその本当の効果とは?

子供のわきがはいつから発生するの?

本を読む少女

わきがが発生する時期というのには個人差があると思います。

ごく希に小さな子供のころからわきがの臭いがするという人もいれば、大人になてからわきがが発生したという人もいます。

基本的に、一番わきがが発生しやすい時期というのは思春期です。

思春期というのは身体に変化があたり異性を意識したりする年頃ですよね。ホルモンバランスも変わりやすく、体系的にも大きな変化が訪れる時期です。

特に、わきがに関しては第二次性徴と呼ばれる、小学生の中学年から高学年の9~12歳頃から発症するケースが多いようです。

この頃になると、体内のアポクリン汗腺という、わきがの原因となる汗を出す組織の活動が活発になります。

そんな年頃にわきがが発生してしまうのは大変なことですが、そもそもはわきがというのは別名で「フェロモン」とも言われています。

大昔ではわきがの臭いは異性を惹き付けるフェロモンとされていました。

子孫繁栄につながっていたのです。思春期にわきがが発生される理由としてこのようなことが関係しているのかもしれませんね。

しかし、誰もが思春期になるとわきがを発生するわけではありません。

わきがになる体質の特徴とは?

ランドセルを背負う少女

わきがというのは誰もがなるものではなりません。そもそもわきがの原因となっているのはアポクリン腺という汗腺です。

アポクリン腺をもっていないという体質のタイプもたくさんいます。そういう人はわきがにはなりません。

人間の汗腺というのは体質の問題なので、アポクリン腺があるかないかというのは遺伝が大きく関係しています。

両親や家族の中にわきが体質の人がいる場合はわきがが遺伝する可能性が高いです。

生まれつきでアポクリン腺を持っていない人は思春期が訪れても、もともとアポクリン腺がないのでわきがを発症することはありません。

わきがというのはある日突然なるものではなくて、子供の頃からその体質は隠されているのです。

低年齢化する子供のわきが・・・その原因とは?

 

走っている小学生

子供のわきがは思春期に発生することが多いとされていますが、最近では子供のわきがの低年齢化が進んできています。

これは食生活などが大きく影響しているようなのです。早熟の子供が増えているのも事実です。

最近では小学校低学年でわきがを発症してしまう子供が色々なところで報告されているようです。

低学年でわきがになってしまうケケースは女子よりも男子が多いようで、他の子供達に臭いと言われてショックを受けて悩んでしまう子も少なくないようです。

わきがが落ち着く事はあるの?それはいつ頃?

考える女性

わきがが思春期で多く発症するというのは分かりましたが、子供の頃になったわきががいくつになってからか落ち着くということはあるのでしょうか。

わきがは性ホルモンがたくさん分泌されると臭いは強くなっていきます。

20歳を超えたあたりでこの性ホルモンの分泌は低下して落ち着きます。

そうなることでわきがの臭いは落ち着いてくるということがあります。

この場合は思春期でわきがの臭いが強くなたけれど、年月がたってホルモンバランスが落ち着くとわきがの臭いが落ち着いたということです。

ただし、こういう場合が多いというわけではなくて子供の頃にわきがを発症してずっと続いていくということもあります。

わきがというのはいつから始まるかというのも個人朝があって分からないものがありますが、同じようにいつからわきがの臭いがなくなっていくかも分からないものです。

女性の場合は更年期をきっかけにわきがが治まるということもあるんだそうです。

いつから発生したとしても対策が重要になってくる

わきががいつから発生したとしても、重度になる前にケアをしていくことが大切になります。

最近ではわきがに効果の高いデオドラントクリームなどが売られています。

殺菌作用も制汗作用も抜群でしっかりとわきがの臭いを抑えることができます。

>>子供でも使えるクリアネオ!300日間使ってみて分かったその本当の効果とは?

子供のわきがを薬で治すことはできるのか?

腕を組む医師

子供のわきがというのは深刻な問題ですよね。思春期になるとわきがの臭いは強くなる傾向があります。

年頃の子供たちにとって体の臭いの悩みというのは辛いものです。

子供もわきがの治療を受けることができるのでしょうか?手術なのではなくて薬での治療などはできるのでしょうか?

わきがは病気ではありません

手でバツを作る女性

まずはじめに知っておいて欲しいことはわきがというのは病気などではありません。

わきがは体質なのです。改めて、わきがの臭いの原因となるのはアポクリン腺という汗腺です。

人間の体にある汗腺は2種類に分類されて、そのうちの一つがアポクリン腺です。

この汗腺は脇下、陰部、乳首、耳の中などの体の限られた部位にのみだけ存在します。

わきがの臭いはアポクリン腺から分泌された汗が皮膚の常在菌によって分解されることで臭いを発生させます。

このようなわきがの症状は誰もがなるわけではありません。わきが体質になってしまうのはアポクリン腺の数が多かったり、大きさがおおきかったりする人です。

汗腺の形状というのは、成長する過程で変化するものではないので、わきがの根本的な原因というのは大体が遺伝によるものとされています。

親がわきがじゃないのにわきが体質になってしまう原因

たまに親がわきがではないのにわきが体質になってしまう子供もいます。なぜか脇の臭いがわきがっぽくなってしまうんですね。

そういう子供の特徴としては食事が肉類や油っぽいものが多かったりします。ゲームやスマホをしていて夜更かしをしている傾向もあります。

まとめれば、生活習慣が乱れている場合にわきが退室になってしまうのです。

そして子供は思春期を迎えるとアポクリン腺が活発になります。そんな時期にわきがっぽくなってしまうことがあります。人によっては成長していくにつれて自然とわきがではなくなる場合があります。

子供のわきがは治療薬で治せる?!

わきがというのは病気ではないけれど薬で治療をすることはできるのでしょうか。

特に子供の場合は薬で治療できるならばそれが一番なような気もします。結論を先に言えば、薬でわきがを治すことはできません。わきがを治すためには汗腺を除去する必要があるのです。

薬でできることはわきがを治すことではなくてわきがの臭いを抑えることです。

病院などで処方されるわきがの薬は飲み薬の場合は副作用が大きい、塗り薬の場合は肌への刺激が大きいなどで子供には向かないような気がします。

ならば、薬と同じくらいの効果が望める子供のわきが対策でできることというのはわきがに高い効果を発揮するデオドラントクリームを使用することです。

デオドラントクリームを使う

デオドラントクリーム

わきがの薬物治療に使われる薬は「塩化アルミニウム」や「プロバンサイン」ですが、こでは子供には負担が大きいと思います。

そこでおすすめなのが子供の肌にも使うことができるわきがの臭いを抑えるデオドラントクリームです。

子供の肌にも使えるようなものは無添加無着色の肌に優しいクリームです。近所のドラッグストアなので売っている制汗剤とは違います。

わきがを抑えるために薬のような大きな効果をあらわせるためには強力な制汗作用と殺菌作用が必要になります。場合によっては保湿成分も必要になります。

このようなデオドラントクリームはネット通販などで購入することができます。おすすめのデオドランクリームをいくつか紹介します。

この4つのデオドラントクリームはとても効果が高いことで知られていて人気もあります。

医療機関を受診する

子供のわきがの悩みの場合は、子供自身も傷ついたり悩んだりするのは当然ですが、両親も悩むと思います。

子供のわきがの症状が重い場合は皮膚科などを受診して相談してみるのも良いと思います。

必要であれば薬による治療も他の治療も受けることはできます。

>>子供でも使えるクリアネオ!300日間使ってみて分かったその本当の効果とは?

コメントを残す

サブコンテンツ