わきがに効く制汗剤のオドジェルミン!効果と使用感・副作用とは?

笑顔でデオドラントを持つ女性

わきがの臭いや汗を抑えるための制汗剤って色々なものがありますよね。

その中にオドジェルミンというものもあります。似たような名前のものもありますが、名前が違うのだから何かが違うんだろうなということで、オドジェルミンの紹介をしていきます。

ここでは、効果や使用感・副作用など情報をまとめましたのでご覧ください!

【注目記事】ワキガだとばれないために持っておくと便利な商品とは?!

オドジェルミンとは

オドジェルミンは塩化アルミニウムが配合されている制汗剤です。

塩化アルミニウムが配合されている制汗剤っていうのは、みんな同じような名前なんですかね。

オドジェルミンの制汗力はとても強力なものになっています。容器の形が変わっていますよね。

家に置いた状態で使うにはいい形をしているけれど、携帯をするには持ち運びずらい形をしています。匂いがしない無香料の制汗剤です。

オドジェルミンの効果と使用感

オドジェルミンはプッシュタイプのジェル状のものです。ジェル状だから塗りやすいのですが、液体に近いジェル状なので垂れることもあるので、使用の際には気を使います。

使用方法は綺麗な清潔の状態の乾いた肌に塗ります。

わきがならば脇の下に塗ります。そしてオドジェルミンが乾くまでまって出来上がりです。塗り心地がぬるっとしているので乾くまでが時間がかかりそうです。

そんなときはドライヤーの冷風の風をあててみるなどの工夫をしてみましょう。オドジェルミンの制汗力は非常に高いものです。

この種類の制汗剤の中でもトップクラスのものでもあります。

ただし、真夏日などの場合は一旦汗が出てしまうと、汗を抑えられないこともあるようです。

汗を抑えられなければ、自然とわきがの臭いも発生します。

脇汗というのは、特にわきがの人はオドジェルミンのような制汗剤を使っていても汗をかいたならばこまめに拭き取っていくことが必要です。

こまめなケアがあることで汗を抑えることもできるし、わきがの臭いを抑えることもできます

オドジェルミンの副作用

オドジェルミンには塩化アルミニウムが配合されていると先にお話しましたが、塩化アルミニウムというのはとても刺激の強い制汗成分です。肌に塗って化学反応を起こすことで塩化アルミニウムが結晶化して汗腺に蓋をします。

医療機関でのわきがの治療などにも使われていますが、副作用があることも知られています。オドジェルミンの場合は液体ではなくてジェルで肌の奥に浸透していくのでより高い効果が発揮されます。

オドジェルミンの副作用として、肌がかゆくなるということがあります。湿疹やかぶれが起こることもあります。

オドジェルミンは制汗作用も高いし、実は殺菌効果も高いのでわきがにはとても効果的なのですが、肌の弱い人の使用はおすすめできません。

オドジェルミンを使用するときは、先にパッチテストを行ってみるのが良いです。

何も問題がなければ本格的に使用を開始していってみるのがおすすめですね。

オドジェルミンの子供への利用

ネットの口コミの中でオドジェルミンが子供のわきがに良くて、使えるというものを見かけました。

オドジェルミンの使用が子供にできるというのは、オドジェルミンの説明欄には一切記載してありません。

オドジェルミンは大人でさえも肌トラブルが起きることがある制汗剤ですので、子供への使用は当然、控えたほうがよいと思います。

子供への使用を考えるのならば、わきが専用のクリームなどで無添加、無着色なものを使用していくのがおすすめです。

堂々と子供にも使える!と打ち出しているよういなものが安心です。

最近では敏感肌の人でも子供でも使える、効果の高いわきがクリームというものが存在します。

自分の肌にきちんと合うものを選ぶことが大切です。

いくら効果があっても肌トラブルが起きてしまうのでは、意味がないような気がします。

それに肌のトラブルというのはわきがを悪化させる原因にもなるのです。

コメントを残す

サブコンテンツ