わきが対策にデオクリスタル!使い方やそのデメリットとは?

こんにちは、管理人です。

今日はデオクリスタルというデオドラントについて記事にしてみたいと思います。

私は、クリアネオを使い始めて丸1年が経ちました。使い続けるうちに効果が持続する時間が長くなってきていたかなり良い感じです。

さて、本題ですが、見た目がおしゃれなデオクリスタルは、なんとわきがの臭いを消す「石」のようです。

正直、初めてみたときはちょっと驚きました。

消臭力は高いとのことですが、デオクリスタルの口コミ・評判は悪いものと良いものと両方あります。

よくあるデオドラントクリームなどとは違って、見た目だけでは詳しいことが分からないデオクリスタルの紹介をしていきます。

【注目記事】クリアネオを300日以上使って分かった本当の効果とは?効果的な使い方をご紹介します!

デオクリスタルとは

考える女性

デオクリスタルには2種類のタイプがあります。それはディスクタイプとスティックタイプです。

ぱっと見では石鹸のようにも見えます。デオクリスタルは、ヨーロッパやメキシコ、オーストラリアなどでとれるアムル石という石を主成分として作られたもので、このアムル石は古代エジプトから消臭効果があると使われていたそうなんです。

天然の石から作られているわきがのデオドラント用品なんて他に見たことがありません。

なんだか、デオクリスタルはとても神秘的です。デオクリスタルの効果は1日続くとされていて、収れん効果があるんだそうです。

収れん効果があるのならば、わきがの原因となる汗の分泌も抑えてくれます。

そしてデオクリスタルには殺菌作用もあるようです。収れん効果も殺菌効果もあるならば、わきがに効果はあるはずです。

デオクリスタルの使い方

ポイントを示す女性

何も知らないとどう使って良いのか分からないような気がするデオクリスタル、どのような使用方法なのでしょう。

まずはディスクタイプの使用方法の説明です。

石鹸のような形をしているデオクリスタルを水で塗らすと、溶けて少しペチャペチャしてくるので、それを塗ります。

このとき基本的にはデオクリスタルを脇の下に擦りつけるようにして使います。

スティックタイプのほうは、形状が違うだけで使い方は同じです。スティックの先端部分を水で濡らして脇の下に塗ります。

やっぱりここでも擦りつけるようにして使うようです。。で、実際に使った人の声ではデオクリスタルの消臭効果は高いようです。

ただ、形状が使いづらいというのと、出先などで水がそばにないと使えないというデメリットがあります。

デオクリスタルの口コミから見るメリットとデメリット

スマホで口コミをチェックしている女性

デオクリスタルの口コミを見ているとデメリットもメリットも同じくらいあります。まずはメリットの紹介です。

デオクリスタルのメリットとは?

  • 1日1回でわきがの臭いが抑えられる
  • 効果が長い
  • コスパが良い
  • ・軽いわきがなら効く
  • 塗り心地た良い

というものです。この中で一つ気になったものがあります。

コスパが良い・・・っていうのは?と思いました。1個を年単位でつかってる人が多いようなのです。

デオクリスタルっていつか替え時なんだろう?という疑問が頭から離れなくなってしまいました。

やっぱりずっと使っていくうちに効果が薄れていったりするものなんでしょうか。

デオクリスタルがコスパが良いというのは確かですね。次にデオクリスタルのデメリットです。

デオクリスタルのデメリットとは?

  • わきがに効かない
  • 使い方が面倒くさい
  • 落とすとわれる
  • 冬の塗り心地が悪い
  • 制汗力が弱い
  • 段々と効果が落ちてくる

デメリットの中に気になっていた答えが、やはり入っていました。段々と効果が堕ちてくる・・・そういうことなんですね。

デオクリスタルは制汗作用が強くないんですよね。

わきがの臭いを抑えることができていても、結局汗をかきだしてしまったら臭いはもとに戻ってしまうのです。使い方が面倒というのもわかるような気がします。

出先でトイレのついでに個室で塗ったりすることってあると思うのですが、デオクリスタルにつける水がないと使用ができないというのは厄介ですね。

ささっと塗ることができないのです。

スティックタイプではなくてディスク型のほうになると使いやすい形とは言えないんですよね。

それでもデオクリスタルが好きという人も・・・

デオクリスタルのデメリットがあったとしてもデオクリスタルが好きで長年愛用しているという人がたくさんいるようです。

個人的には、その使い方が面倒なのと、衛生面でちょっと・・・。

引き続きクリアネオを使い続けていこうと思います。

コメントを残す

サブコンテンツ