わきが治療なら切らないビューホット!安心解決の治療法!

手術の準備をしている医師

わきがの治療方法というのはさまざまですが、わきがを完治させるためには汗腺を除去するための手術を行うということが当たり前でした。

しかし、最近では手術をしなくても汗腺を除去する方法があります。

それはビューホットという治療方法です。

わきがの最新治療方法です。効果も高くて一生続いて、何と言ってもメスを使わない治療なのでとても人気のある治療方法です。

しかし、ビューホットというものを初めて耳にしたということもあるくらいまだ新しい治療法なので、ビューホットがどのようなものなのか、わきがに効果はあるのかなどを紹介していきます。

【注目記事】人気のわきがクリーム「クリアネオ」を300日以上使って分かった本当の効果とは?

満足度98%の治療方法のビューホットとは?!

ビューホットは2014年に導入された最新のわきが治療の方法です。

ビューホットの治療を受けたわきが患者のうち98%が臭いが消えて満足しているという結果が出ています。

わきがの再発が起こることも極めて少ないとされています。

メスを使わないわきがの治療方法でこれほどの効果があるのはビューホットだけです。

このビューホットという治療はどんなメリットがあって、デメリットがあるのかについてお話ししていきます。

ビューホットのメリット

ビューホットのメリットは効果が高くて再発もしにくいのにメスを使わない治療方法だというところです。

メスを使うことがないのだから、皮膚を切ることもなく傷跡が残ることはありません。体への負担も少ないです。

ビューホットは麻酔をして行う治療方法なので痛みはほとんどありません。

方脇で10~15分という時間で治療が終了するのであったというまにビューホットの治療は終わります。

ビューホットの治療をすでに行っている経験者からの意見では再発の可能性が極めて低いとされています。

そして、副作用の心配がないとも言われています。

ビューホットは極細の針をさしてそこから高周波を照射します。熱の力を利用して汗腺を凝縮させて機能させなくさせます。

ミラドライよりも副作用が小さいことで大きな注目をうけています。

ビューホットのデメリット

ビューホットのデメリットは、治療方法で極細の針を使うといっても針をさすので小さな傷はできます。

この傷跡はなくなるのに1ヶ月ほどかかります。色素沈着してしまうこともあって、これが落ち着くまでには数ヶ月かかることもあるそうです。

他には気になる点はないので、ビューホットの治療を受けるのは薄着の季節ではないときがおすすめだと思います。

ビューホットの最大のデメリットは保険適用の治療ではないので費用が高いです。30万円以上はかかります。

再発する可能性は極めて低いけれど全くないともいいきれません。

ワキガ治療にビューホットを選ぶ!その場合クリニックの選び方とは?

ビューホットの治療方法はまだ日が浅い治療方法なのでクリニック選びはとても重要になってきます。

必ず確認しておいたほうがいいことをいくつかあげてみます。

  • ビューホットの治療を取り入れてどれくらい経過しているか
  • ビューホットの治療の症例数はどれくらいなのか
  • ビューホットの治療後に再発したときの保証はあるのか
  • 他のクリニックと比べて、異常に高かったり安かったりはしないか

ビューホットの治療をしていても、きちんとこの治療方法をすることができるクリニックでないと意味がないのです。

高い金額を払っているのに適当な治療をされて、副作用が出てしまったり効果があらわれなかったりしたらとても嫌な思いをしてしまいます。

クリニック選びは口コミなどをよくみて選んでいきましょう。

ビューホットの術後

驚くことにビューホットのダウンタイムの時間は、ほぼ「なし」ということです。

基本的に切開の必要がないので、皮膚への負担が少なく、術後すごに通常の生活が送れるようになります。

ただ、入浴については翌日以降になるのですが、それ以外は日常生活に支障が出ることはほぼありません。

ビューホットの治療法は基本的にほとんど痛みがないという特徴があるのに、翌日からは臭いがなくなるという凄い治療方法です。

コメントを残す

サブコンテンツ