わきが対策に効果的!汗腺トレーニングの準備と方法・効果について

お風呂に入って目を閉じる女性

わきが対策を考える上で、汗を抑えるという考え方が一般的です。

ただ一方で、長期的な改善を目指す上で、逆に汗をかくというのが解決策になります。

そして、自然に汗をかく方法のひとつに、入浴があります。

そしてこのリラックスできる入浴でわきがの改善に役立たせることができるとしたら、これはもう、やってみるしかありませんよね?

今回は、わきがの改善に役立つ汗腺トレーニングという方法をご紹介することにします。

【注目記事】人気のわきがクリーム「クリアネオ」を300日以上使って分かった本当の効果とは?

わきが対策に汗腺トレーニングを!準備と方法について

それでは早速、入浴タイムを利用した汗腺トレーニングを実践してみることにしましょう。

用意するものは、浴槽の中で座る椅子です。これは、一般的な入浴用の椅子でかまいません。

1.浴槽にお湯を入れますが、温度は41~43℃と、熱過ぎない設定にしておきます。浴槽の底から30㎝程度のお湯を張ったら、椅子を浴槽に入れて座ります。

2.膝下と肘下を同時にお湯に浸け、そのまま15分程度温めます。これにより、汗腺の機能が高まり、ジワジワと汗が出てきます。

3.椅子を浴槽から出してお湯を足しますが、今度はややぬる目の38~40℃程度に設定し、みぞおちが浸かる水位に間でお湯を張ります。

4.そのまま15分程度身体を温めます。これにより、交感神経の働きが弱まり、徐々に不空間神経が優勢な状態になりますので、リラックス効果も同時に得ることができます。

汗腺トレーニング後はケアが大切

お風呂上がりの女性

特に夏場では、暑い浴室から出たあとは、エアコンのよく効いた部屋ですごしたくなるものですが、せっかく入浴で発汗を促したのですから、ここで身体を冷えしてしまっては元も子もありません。

浴室から出てタオルドライを行ったあとは、自然の温度で汗が蒸発して行くのを待ちましょう。

ですが、近年では地球温暖化などの影響を受けて、夜になってもなかなか外気温が下がらない日あります。

そのような中でエアコンなしで過ごすのは辛いかもしれませんが、そのようなときには、団扇(うちわ)や扇風機の風を利用して、身体を冷やさないことが大切です。

また、団扇であれば問題はありませんが、扇風機を使用する場合では、必ず弱に設定して、首振り機能を使います。

これにより、体温が一気に奪われることはありません。

また、お風呂上がりにいきなり冷たい飲み物飲んでしまうと、それが内臓を冷やして汗腺トレーニングの効果半減させてしまうこともあります。

常温では辛いかもしれませんが、お風呂上がり用に常温のミネラルウォーターを用意して、ゆっくりと水分補給を行いながら身体の水分を飛ばして行きましょう。

汗腺トレーニングで期待できるわきが予防効果について

汗腺トレーニングでかいた汗を確認してみると、ベタベタとした感じではなく、サラサラとした感じの汗であることがわかります。つまり、健康的な汗であるということですね。

このように健康的な汗に含まれている塩分やミネラル分は、再度汗腺から体内へ吸収されて行きますので、汗が引いた後のお肌がベタベタしないという特徴を持っています。

一方で、不健康な汗(ムダな脇汗など)をかいた場合では、含まれている塩分やミネラル分が体内に吸収されることがありませんのでベタベタが残り、衣類に白い塩分が付着することがあります。

つまり、このような不健康や汗をかきやすい場合では、身体のどこかに不調が現れている可能性があり、わきがにもなりやすいと考えることができるということです。

そして、このような不健康な汗を減らして健康的なあせを書きやすくするためのトレーニングが、今回ご紹介した汗腺トレーニングであるということです。

汗腺トレーニングはどれくらい続ければいいの?

最低でも2~3週間は継続して行ってみましょう。

ですが、時間がなかったり、ご家族との兼ね合いなどにより、毎日実行することができなかったりすることもあるでしょう。

そのような場合では、何日に1回でもかまいませんので、とにかく継続して行うということが大切です。

また、汗腺トレーニングを行うだけでも、わきがの原因となる不健康な汗の量を減らすことが可能ですが、さらに効果を上げたいのであれば、やはり運動も並行して行うべきでしょう。

運動は代謝アップにもつながりますし、足の骨に適度なストレスを与えることになりますので、将来的な骨粗鬆症予防にもつながります。

汗腺トレーニングをする上で注意が必要な人とは?

汗腺トレーニングは、健康的な汗の分泌量を増やし、不健康な汗の分泌を減らす方法であるため、わきがの改善を希望する方だけではなく、健康的な汗を流したいという方にもおススメできるトレーニング法です。

ただし、高齢者の方や高血圧、心臓疾患をお持ちの方は、自己判断でいきなり汗腺トレーニングを行わないで下さい。

というのは、このような方が汗腺トレーニングを行った場合では、症状をより悪化させることも考えられるからです。

高齢者の方や、身体になんらかの疾患をお持ちの方は、ひとまずかかりつけの医師に相談し、汗腺トレーニングを行っても良いかどうか、確認しておいて下さいね。

また、妊娠中の方も汗腺トレーニングを行うと危険な場合がありますので、無事に出産を終えるまで控えておくことがベストです。

【注目記事】人気のわきがクリーム「クリアネオ」を300日以上使って分かった本当の効果とは?

【人気記事】管理人が実際試してみて!わきがクリーム比較ランキング1~5位はコレ!

コメントを残す

サブコンテンツ