ワセリンでわきが対策ができる!?その真偽と詳細は?

ワセリン

皮膚を油分で保護する役割としてリップクリームやハンドクリームなど様々な医薬品に用いられているワセリン。

一部ではこのワセリンがわきが対策に効果的であるといわれています。

一見わきが対策に関わりがなさそうなワセリンですが、本当に効果的なのでしょうか。その真偽と詳細をまとめていきます。

【注目記事】クリアネオを300日以上使って分かった本当の効果とは?

乾燥・炎症がわきがを悪化させる!

わきがの主な原因は皮脂などを含む汗が活発に分泌され、雑菌繁殖をして嫌なにおいを発生させるためです。

わきがに悩む方は多汗にも悩んでいる方が多いために、脇下の肌の乾燥について無頓着なことが多いですよね。

しかし、意外にも脇の下は露出しないデリケートな部位の為に乾燥しやすくなっています。

更にわきが体質の方は汗が気になり何度も汗ふきシートで拭き取ったり制汗剤を使い過ぎため、炎症を起こすことも少なくありません。

脇の下が乾燥していると肌の保護反応としてアポクリン汗腺の分泌はさらに盛んになります。

そのため、余計なにおいの原因を招きわきがの悪化につながってしまうのです。

また、炎症を起こしてしまうと真菌(カビ)の増殖につながります。これもにおいの原因になりますので注意が必要です。

わきが対策にワセリンで脇を優しくカバー!効果は?

さて、ここで改めてワセリンとわきがの関係について考えてみましょう。

ワセリンは油分で肌を保護する軟膏です。

生成技術が向上したことにより近年の白色ワセリンにはほとんど不純物がはいっておらず、赤ちゃんの肌にも使える肌に優しい保護クリームとなりました。

そのため、肌の弱い方やアレルギー体質の方も安心して使用することができます。

ワセリンがわきがの方におすすめ理由は抜群の保湿力をワセリンがもっているためです。保湿をすることで乾燥や炎症を防ぎ、わきが対策をすることができます。

しかし、ワセリンは保湿目的のみで、制汗や抑臭といったわきがの根本的な解決にはつながりません。

あくまで乾燥・炎症によるわきが悪化の対策法として考えたほうが良いでしょう。

ワセリンで脇の黒ずみ対策も?!

ワセリンはオリーブオイルを混ぜて使うことで脇の黒ずみ対策に利用することもできます。

ワセリンに少量のオリーブオイルを混ぜて、脇に塗り優しくマッサージすることで毛穴に詰まった皮脂汚れ・角質などをキレイにクレンジングする効果が期待できます。

脇の黒ずみもにおいの原因につながることがありますので、気になる方は入浴時などに試してみてください。

わきが対策により効果的?サリチル酸ワセリン

サリチル酸ワセリンはニキビ治療や水虫治療に用いられる医薬品です。

角質を柔らかくして落としたり、真菌繁殖を抑える作用があり、さらに消臭効果もあるためにわきが対策に適していると考えられます。

しかし、このサリチル酸ワセリンは病院で処方されるもので市販されていません。

また、こちらは刺激が多少あるため人によってはかぶれなどの炎症を起こす可能性があります。

消臭効果は期待できるもののわざわざ手に入れる必要はないでしょう。

ワセリンに過度な期待はNG

紹介したようにワセリンは肌を保護する効果があり、乾燥や炎症を起こしてわきがを悪化させている方にはおすすめできます。

特に肌が弱い方には安心して使える軟膏ですよね。

しかし、あくまで肌保護に使うものなのでわきがの根本的解決にはつながりません。

ワセリンはわきがに効果的を噂が大きく広がっているようですが、それでわきがが改善すると過度な期待をするのは控えましょう。

本当にわきが対策をするならばワセリンよりも保湿力の高いデオドラント剤を探すことをおすすめします。

わきが対策には保湿が肝心なのは確かですので、脇のケア方法のひとつとしてワセリンを上手に取り入れていきましょう。

【注目記事】クリアネオを300日以上使って分かった本当の効果とは?

【人気記事】使ってみた!わきがクリーム比較ランキング1~5位はコレ!

コメントを残す

サブコンテンツ