わきがの臭いと善玉菌と悪玉菌の関係とは?!菌が繁殖する環境を阻止!

顕微鏡をのぞき込む男性

わきがの臭い対策をするときに行われることは、脇汗を抑える対策と脇下の雑菌を抑えるための対策です。

わきがの臭いには皮膚の常在菌が深く関係しています。常在菌というのは全てがみんな臭いの原因になって除去していけばいいというものではないのです。

わきがの対策は上手には上手に雑菌対策をしていくことで、しっかりと臭いを抑えていくことができるのです。

そこでわきがの原因となる常在菌の善玉菌と悪玉菌についてお話ししていきます。

【人気記事】ワキガだとばれないために持っておくと便利な商品

わきがの臭いの原因と善玉菌・悪玉菌の関係とは?

 

雑菌たち

わきが菌という言葉を聞くことってありますよね。

例えば、ニキビができる原因になるのはアクネ菌でこれはニキビ菌と言われています。

わきが菌というのはわきがの臭いの原因になっている菌のこををさしています。このわきが菌というのはどのような菌なのでしょうか。

そもそものわきがの原因をひきおこすのがアポクリン腺から分泌された汗です。この汗腺は全身にある誰もがもっているエクリン腺のような汗腺とは違って、特定の部位にのみ存在する汗腺です。

アポクリン腺の数や大きさには個人差があって、わきが体質になる人とならない人がいるのです。

アポクリン腺から分泌される汗が多いほど、わきがの臭いは強くなるので汗腺の数が多くて大きい方がわきが体質になる可能性は高くなります。

この汗自体に臭いはないのですが、汗の中には脂質やたんぱく質やアンモニアなどの成分が含まれています。その汗を皮膚の常在菌が繁殖するために栄養素のある餌をして分解していくことでわきがの臭いが発生します。

この臭いを発生させる原因となる常在菌には2種類あって、善玉菌と悪玉菌がいます。

臭いを発生するのは悪玉菌です。善玉菌は臭いを発生することはありませんし、むしろ皮膚にいたほうが良い菌なのです。

ということは常在菌は善玉菌を増やして悪玉菌の繁殖をさせないことが大切なんです。

善玉菌と悪玉菌の特徴

シャーレの中の細菌

常在菌の善玉菌と悪玉菌の違いと特徴を説明していきます。まず、善玉菌は弱酸性の環境を好みます。弱酸性というのは肌に良い環境という印象があります。

体臭を抑えるためにも肌を弱酸性にすることは効果的とされています。悪玉菌は弱アルカリ性の環境を好みます。

肌のアルカリ性というのはわきがの臭いや体臭を悪化させると言われていますが、これって悪玉菌が増えてしまっている状態だからなんですね。

肌を弱酸性にたもつことで善玉菌を増やして、悪玉菌の繁殖を防ぐことができるということですね。わきがの汗を好む常在菌は、コリネバクテリウムや表皮ブドウ菌だといわれています。

特にコリネバクテリムにはわきが体質の人の皮膚に多く常在していることが多い菌です。こういう雑菌は乾燥に弱くて湿度を好んでいるという特徴があります。

わきが菌を繁殖させてしまう環境を知って、阻止せよ!

わきがの菌を繁殖させてしまう原因として水分と栄養素があります。どちらもアポクリン腺から分泌される汗に含まれていますよね。なので汗をかいただけでわきが菌を繁殖させていく条件がととのってしまうのです。

なのでわきが菌の繁殖を防いで臭いを抑えていくためには、わきの下の汗をふきとって清潔にして、汗をかきにくくする対策をしていく必要があります。

アポクリン腺から分泌される汗を抑えることでわきがの臭い対策をしていくことができます。しかし、人間は汗をかく生き物なので汗を止めるということは普通の状態ではできません。そこで使うのが制汗作用の高いデオドラント用品です。

汗を徹底して抑えることでわきがを抑えます。皮膚の善玉菌を増やして悪玉菌の繁殖を防いでいく方法として、肌を弱酸性にしていくこともわきが対策になります。

制汗剤やデオドラント用品でもできますし、毎日の生活習慣に気をつけていくことでも可能です。

【注目記事】人気のわきがクリーム「クリアネオ」を300日以上使って分かった本当の効果とは?

【人気記事】ワキガだとばれないために持っておくと便利な商品

コメントを残す

サブコンテンツ