重度のわきが体質にもおすすめ?!人気ランキングのロールオン

ロールオンデオドラントを脇の下に塗る

ロールオンタイプの制汗剤は使いやすく効果も高いので人気です。軽いわきが体質の方であれば、ロールオンの制汗剤を朝つけるだけでも事足りている場合もありますよね。

しかし、問題は重度のわきが体質の方。

「何回塗りなおしても汗ですぐに落ちる。」「そもそも効果がイマイチ。」などなど悩みは尽きませんよね。

そんなわきが重度の方のためのおすすめロールオン制汗剤をランキングから紹介します。

【注目記事】わきがクリーム厳選5つを比較ランキング1位は?

重度のわきが体質の方には海外製が◎

ロールオンタイプに限らず、日本で市販されている制汗剤の効果は重度のわきが体質の方には物足りないかもしれません。

実は日本人はもともと体臭が少なく、わきが体質の方は人口の1~2割ほどといわれています。そのため、わきが体質にあわせた制汗剤よりかは爽快感や香りが楽しめるような商品展開がされています。

一方、欧米などの海外では人口の8割がわきが体質といわれています。

そのため、海外製の制汗剤は効果が強く重度のわきが体質の方におすすめです。

ランキングで人気の海外製ロールオン制汗剤は以下。

デドランスα

デトランスα

医療先進国デンマークで製造されるこちらは脇や足の臭いが強い方、多汗な方におすすめです。

多汗治療に処方される塩化アルミニウムを有効成分にしようしており、制汗力が強く使っていくごとに発汗量も減っていくことで有名です。

ロールオン部分が大きく一回で広範囲に塗れるところも魅力です。

クリニーク ロールオン

アメリカの制汗剤で、こちらもアルミニウムが使用され制汗力が高い商品です。殺菌効果のある金属イオンも配合されているため、汗による雑菌繁殖も抑えることができます。

汗で落ちにくいよう界面活性剤が含まれています。これは効果は高めますが、刺激が強いため肌の弱い方は注意が必要です。

ロールオン ダヴ(DOVE)

日本では石鹸やシャンプーのイメージが強いダヴはアメリカメーカーでデオドラント商品にも力を入れています。

ロールオンは石鹸の香り、無香料、ローズやグリーンティの香りなど様々に展開しており、男性用の爽快感のあるロールオンタイプも販売しています。

臭いの元となるバクテリアを抑えるマイクロカプセルが肌に密着し、長時間臭いを抑えることができます。

日本の有名メーカーのおすすめロールオン

上記で海外製のロールオン制汗剤の効果の高さを紹介しましたが、やはり外国の方向けに作られているために、少々刺激が強いものが多いです。

「馴染みある日本の制汗剤メーカーのロールオンを使用したい」という方におすすめのロールオンが以下です。

Ban ロールオン(赤Ban)

Banでは様々なロールオンタイプの制汗剤を発売していますが、中でもおすすめが赤いパッケージの「赤Ban」と呼ばれるロールオン。

制汗力が強く、塗った後のサラサラ感が好評です。速乾性もあるために急いでいるときも乾かず時間を取りません。

また、500円程度で手に入りコスパがとても良いことも魅力です。

8×4MEN ロールオン 無香料

こちらは8×4のメンズ用ですが、無香料のため男女問わず使用することが出来ます。

体臭のキツくなりやすい男性向けに作られている商品のため、制汗力・殺菌力の高さを誇っています。

高密着ですがベタ付かず、しっかりと脇下の臭いをシャットアウトする点が特徴的です。

ロート製薬 デオボール

丸くて可愛らしいフォルムのロールオンで持ち歩きにぴったりなロールオンです。

殺菌力のある有効成分を二種類配合しており、汗をかいても一日中わきがの嫌な臭いを抑制します。

ローズやシトラス、ソープ、ムスクなど女性に嬉しい香り展開も特徴的です。

常に人気商品をランキングでチェック!

以上が重度のわきが体質の方にもおすすめできるロールオンタイプの制汗剤です。

インターネットで人気になる制汗剤は比較的どれも重度の方にもおすすめできる効果的なものばかりです。

近年、商品展開はますます進んできていますので随時チェックしていれば、お気に入りの制汗剤を見つけるチャンスが広がります。

【注目記事】わきがクリーム厳選5つを比較ランキング1位は?

【人気記事】今一番人気のわきがクリーム「クリアネオ」を300日間使ってみた結果・・・

コメントを残す

サブコンテンツ