わきがの最新治療のペアドライ!治療方法とその効果とは?

カルテを持った医師

わきがの治療法は最近ではさまざまな方法があります。昔はわきがを治していくとなるとメスを使った手術が必要になっていました。
しかし、最近では切らないわきがの治療の方法が続々と登場しています。

メスを使わない治療は傷跡も残らないし体への負担も少ないことからとても人気があります。
最近では「ミラドライ」や「ウルセラドライ」、「ビューホット」などの治療方法をよく耳にします。

今回はその3つとも違う「ペアドライ」について紹介していきます。

ペアドライとはどんな治療なのか?

ペアドライという治療法を聞いたことがある人もいるだろうし、聞いたことがないという人もいるかと思います。
ペアドライというのはウルセラドライとビューホットの両方を合わせた治療方法です。
この二つの治療方法は効果が高いことで知られていますが、場合によっては2回の施術が必要になることがあります。

1回治療を受けて、わきがの臭いがまだ気になるようならば2回目を受けるのです。
それってお金もかかるし時間もかかるし、何と言っても気分的に嫌だしスッキリしないですよね。
2回の施術をしなくても済むように、ペアドライは一度にウルセラドライとビューホットを同時で行うという手術の方法です。

ペアドライというのは1回で済む手術だけど、ペアドライの内容が2回分の治療をしているということですね。
超音波で汗腺を破壊する治療と高周波で汗腺を凝縮する治療を合わせたものです。

ペアドライのメリットとは?

考えるスーツ姿の女性

ペアドライの良いところはたくさんあります。例えば、その中でも最も魅力的なのが、再発のリスクが低いということです。
超音波と高周波のダブルで汗腺に働きかけるので汗腺の動きを強力に抑えることができます。
ペアドライの治療では針を使いますが、切開手術のようにずっと残るような傷跡のリスクは極めて低いと言えます。

手術のすぐ後は脇の下が赤くなって腫れたりもする場合もあるのですが、時間の経過とともにそのうち治ります。
また、ペアドライのもう一つのメリットとしてはダウンタイムが短いところです。

それから治療を受けるための年齢制限などがないのも特徴であり、メリットの1つだと言えます。
これは、ペアドライという治療法の安全性が高いという証拠ですね。
また、わきがだけではなくてチチガやすそわきがの治療、多汗症の治療としても施術を受けることができます。

特にすそわきがの治療ができるというのは、なかなかないことです。

ペアドライの治療費は単純にウルセラドライとビューホットを足した金額ではありません。
一つ一つの治療費用と同じくらいの金額でペアドライを受けることができますので、かなりお得だとも考えられます。

ペアドライの治療方法とは?

ポイントを示す女性

ペアドライの治療方法を簡単に説明します。
まず汗腺に熱損傷を与えて汗腺を機能させなくするウルセラドライを行います。
その後すぐに針で高周波を流すビューホットも行います。

手術時間は1時間ほどかかります。
ペアドライの手術の際には局部麻酔をしてから行います。
なので手術中に痛みを感じることはありません。

ペアドライの術後はどう?

ペアドライを行った後は肌の表面を冷却装置で冷やします。
針を使って治療をしているので針を刺した後があります。
傷になっているので消毒をして軟膏を塗ってガーゼで保護をします。

これでペアドライが全て終了です。

術後は炎症止めの薬は処方されるので内服していきます。
人によっては脇の下がヒリヒリしたり、痛みがあったりするので、手術をした日は安静に過ごすのが安心です。

ペアドライの術後はシャワーぐらいならば浴びることはできますが、入浴は控えましょう。
とはいえ、手術を受けた後に特別な制限や決まりなどはありません。

ペアドライは効果や術後のことを考えるととても良い手術がと思います。
特に、他のわきが治療である切除法や剪除法などと違い、脇の下にメスを入れることがないので、脇の下に大きな傷跡が残る心配がありません。

気になるわきが臭がなくなり、かつ、脇の下にも傷跡が残らない、そんな状態になれたらあなたの人生はどう変わりますか?

このペアドライが受けられるのは、川崎中央クリニックというクリニックだけです。
まずは事前相談を受けてみてください。
手術を受けるかどうかはその相談を受けてから、自由に決められますのでご安心ください。

>>川崎中央クリニックでペアドライの事前相談を受ける

 

コメントを残す

サブコンテンツ