わきがの原因と塩化ベンザルコニウム!その副作用とは?!

腕を組む医師

わきがの臭いの対策をするのには、殺菌成分が必要になることはご存知ですよね。

デオドラント用品などに配合されている殺菌成分というのはさまざまなものがあります。

中でも強力な殺菌効果があることで知られている「塩化ベンザルコニウム」は重いわきがの症状の臭いもしっかりと消臭していくことができます。

ならば、皆が塩化ベンザルコニウムを使えば脇の臭いがなくなる!というのかと言ったらそうではないのです。

わきがの臭いをしっかりと消す塩化ベンザルコニウムですが、副作用というものもあります。塩化ベンザルコニウムについてお話していきます。

【注目記事】人気のわきがクリーム「クリアネオ」を300日以上使って分かった本当の効果とは?

わきがの原因と塩化ベンザルコニウム

わきがの臭いは汗の臭いだと思っている人もいるようですが、そうではありません。

わきがの臭いというのは汗と皮膚の常在菌が関係しています。わきがの原因となるアポクリン腺の汗はそもそも無臭なのですが、その汗二含まれている成分がわきがの臭いの原因となります。この汗の中には脂質やたんぱく質が含まれています。

この汗の成分を皮膚の常在菌が栄養素として食べて、分解することでわきがの臭いが出てくるようになります。

その皮膚の常在菌の名前は「ジフテロイド菌」といいます。軽めのわきがの症状の人の場合は皮膚の常在菌が表皮ブドウ菌という肌を弱酸性に保って悪い菌を増やさない働きをする菌が多い肌の環境です。

軽い症状のわきがの場合は、ジフテロイド菌を繁殖させていくほどの、わきがの原因となる汗を分泌しません。しかし、症状の重いわきがの場合は皮膚の常在菌がジフテロイドが多い状態になってしまているのです。

わきがの原因となる汗を多く分泌するからです。軽めの症状のわきがの人のアポクリン腺は少なめで、重いわきがの症状の人の場合はアポクリン腺の数が多いから汗の分泌の量が大きく変わります。

このわきがの原因となるジフテロイド菌というのはかなり強力なしぶとい菌なので、弱い殺菌力のものでは死滅させることはできません。

ここで力を発揮するのが塩化ベンザルコニウムというわけです。

塩化ベンザルコニウムはわきがの臭いの原因となる菌を殺菌することができる強力な力があります。

しかし、塩化ベンザルコニウムは強力すぎるからこそ、困った問題もあるのです。

塩化ベンザルコニウムの副作用とは?!

塩化ベンザルコニウムはわきがの原因となるジフテロイド菌を殺菌することができる成分です。

わきがの原因菌はとても強くて、しぶといものだと説明しました。この菌を殺菌することができる塩化ベンザルコニウムは当然、他の肌にいる菌も殺菌してしまいます。

それは、肌の環境を良い状態の弱酸性にする表皮ブドウ球菌も殺菌してしまうということなのです。

この表皮ブドウ球菌というのは他の悪い殺菌が侵入しないように防ぐ働きがあります。

なので塩化ベンザルコニウムでこの大切な表皮ブドウ球菌を殺菌してしまうと、肌を守ることができなくなって殺菌を入れてしまうことになるのです。

時には、病気になってしまうこともあるのです。塩化ベンザルコニウムはわきがを抑えることもできますが、自分のわきがの症状の度合いに合わせて使っていかないとダメなものなのです。

塩化ベンザルコニウムはどんな人におすすめ?

塩化ベンザルコニウムが配合されているデオドラント用品というのは存在します。塩化ベンザルコニウムが配合されているデオドラント用品を使うのは、重度のわきがの症状がある場合です。

塩化ベンザルコニウムが配合されているデオドラント用品はクリームやジェルタイプのものを選びましょう。

他の部位についてしまうと、余計な部位まで殺菌してしまうのでピンポイントで使える形状のものがおすすめなのです。

塩化ベンザルコニウムが配合されたデオドラント用品などは毎日使うのではなくて、3日に一回、一週間に一回など様子を見ながら使用していきましょう。

【注目記事】人気のわきがクリーム「クリアネオ」を300日以上使って分かった本当の効果とは?

【人気記事】管理人が実際使ってみた!わきがクリーム比較ランキング1~5位はコレ!

コメントを残す

サブコンテンツ