どの方法で治す?わきが対策ランキングBEST5はコレだ!

ポイントを示す女性

わきがは遺伝だからしかたがない。

そんなふうに諦めてしまうのもひとつの選択肢ではありますが、わきがはあなた個人の問題ではなく、他人にも迷惑をかけてしまう恐れがあるということを忘れてはなりません。

遺伝したとしても、わきがは適切なケアを行うことにより、いくらでも軽減させることは可能です。それでは、わきが対策を管理人のおすすめ順にてランキング形式でご紹介することにしましょう。

今回は、5位から順に見ていきましょう!

【注目記事】ワキガだとばれないために持っておくと便利な商品

第5位 ミョウバン水を使ってケアする

ミョウバン

オーソドックスなわきが対策ですが、効果は上々です。

ミョウバンには制汗作用と殺菌作用が両方期待できるので、デオドラントにも使われます。

ミョウバンは一般的にスーパーなどで売られています。

食品の着色などの用途で使われる焼きミョウバンを水で溶かしてスプレーにしたり、入浴時にいれるなどの方法で使います。

比較的安価でできる分、効果も限定的ですが、お金をかけたくない方にはおすすめです。

第4位 入浴方法を変えてみる

入浴する女性

特に夏場には、お風呂はシャワーだけで済ませるという方が多いのではないかと思います。

ですが、シュワーだけでは十分に身体温めることができませんし、汗腺の働きを強化することができません。

なぜ汗腺の強化が必要なのかといえば、汗腺の機能が弱ると、汗腺の内部に老廃物が滞留しやすくなり、それが汗とともに体外へ排出されてくると、嫌な臭いを放つことがあるからです。

また、汗腺に詰まっていたタンパク質や脂質などは、わきがの原因菌の大好物ですので、汗とともに分泌されてきたこれらの成分に、わきがの原因菌が群がることは目に見えています。

そして、このような汗腺に詰まった老廃物をいち早く対外へ排出させるためには、たっぷりと汗をかいて汗腺の働きを強化することが必要であるということです。

夏場であっても毎日必ず浴槽で身体を温め、”汗の通り道”を綺麗な状態にしておきましょう。

また、浴槽のお湯にグラス1杯のお酢を入れることがわきがの原因菌の殺菌にも役立ちますので、ぜひ、実践してみて下さいね。

第3位 お酢を飲む

お酢には、クエン酸という殺菌効果が高い成分が含まれていますので、少量ずつでも毎日飲み続けることが、わきがの改善に役立ちます。

お酢の種類には特にこだわる必要がありませんが、そのまま飲むのであれば、黒酢,もろみ酢、リンゴ酢が比較的飲みやすいのでおすすめです。

また、梅干しの酸もわきがに効果的であると考えられていますので、1日2粒程度を目安に摂取してみてもよいでしょう。
お酢を飲んだり梅干しを食べたりすることは、してもお手軽ですし、毎日苦労することなく続けられるという点ではかなりおすすめです。

ただ、この方法だけでわきがを改善することは難しいと考えることができますので、他のわきがケアのサポート的な対策方法であると考えておくとよいでしよう。

第2位 ボトックス注射

わきがの臭いだけではなく、脇汗を抑える効果期待することができ、なおかつ高額な費用を必要としませんので、比較的手が届きやすいわきが対策であると考えることができます。

ボトックス注射は美容外科や美容皮膚科のメニューで、一般的にはプチ整形に分類され、シワの改善治療としよく知られています。

この方法は、ボツリヌストキシンという菌が持つ筋弛緩作用を利用して筋肉の働きを弱らせてシワを改善するというものです。

ですが、実は、ボツリヌストキシンには、アポクリン線やエクリン線、皮脂線という汗腺の働きを弱らせる作用も持ち、これが脇汗やわきがの臭いの抑性に役立つんですね。

このようにメリットの多いボトックス注射ではありますが、残念なことに、その効果は数カ月で失せてしまうというデメリットも持ち合わせています。

つまり、この方法もまた、わきがを根本的に治すのではなく、一時的に改善することができる方法であると考えなくてはならないということです。

この方法は注射を行うだけですので、人体への安全性が高いといわれており、傷跡が残る心配はありません。

ただ、効果の持続期間が3ヶ月〜6ヶ月と短いので、夏限定で行うなど、季節限定でわきがを改善したい方におすすめです。

第1位 人気のクリームで治す!

デオドラントクリームを手に出してる

通販やドラッグストアでは、わきが対策用のクリームやデオドラント製品が数多く販売されています。

これらの製品の多くは、わきがの原因菌に対する殺菌力を持った成分が配合されていますので、わきがの原因菌の繁殖を抑え、わきが特有の嫌な臭いの発生抑性する効果を期待することができます。

このような製品は、根本的にわきがを治す方法ではなく、有効成分の力によってわきがの原因菌の繁殖を抑えるだけですので、使用を中止すれば、また嫌なわきがの臭いが発生してしまうというデメリットを持っています。

しかしながら、高額な費用を必要とすることなく、継続使用するだけというお手軽さで即効性を求めることができますので、いちばんおすすめできる方法です。

また、相性が良いと、使用するに連れて効果の持続時間が長くなり、つけていなくても臭いが気にならないレベルになることもあります。

他のわきが対策と並行することでより効果が実感しやすくなるのでおすすめです。

わきがの手術を考える前に

いかがでしたか?

今回は、ご自身で行うことのできるわきが改善のための対策をご紹介してきました。

重度のわきがの方の場合では、思い切って手術をしてしまったほうがよいのでは?とお考えかもしれませんが、手術を受けたからといって、それで100%わきがを解消できるわけではありません。

手術を行っても再発する可能性はわずかながらでも覚悟しておかなくてはなりません。 また、わきがの手術は高額な費用を必要としますし、傷跡が残る心配もあります。

あなたが今、わきがの手術をお考えなのであれば、騙されたと思って、手術を受ける前に今回ご紹介したケア方法を試してみてはいかがでしょうか。

ご参考になれば幸いです。

【注目記事】人気のわきがクリーム「クリアネオ」を300日以上使って分かった本当の効果とは?

【人気記事】管理人が実際使ってみた!わきがクリーム比較ランキング1~5位はコレ!

コメントを残す

サブコンテンツ