デオドラント使用などによる脇の黒ずみ対策にハイドロキノンが有効?

脇の下に手を当てる女性

脇の黒ずみは一夜にしてできるものではなく、長い年月をかけて少しずつできていきます。
脇の黒ずみの原因はさまざまですが、放置しておいても改善されることはまずありません。

では、どうすれば脇の黒ずみを改善することができるのでしょうか?

その最も有効な方法はハイドロキノンによる治療ですが、ハイドロキノンを使用するに当たっては、いくつかの注意点を頭に入れておく必要があります。
それではまず、脇の黒ずみの原因からご紹介して行くことにしましょう。

脇の黒ずみはそもそも何が原因?

最も大きな原因として挙げられるのは、カミソリやシェーバーなどによるムダ毛処理です。

これらの方法し、その場でムダ毛をなくすことができる方法ですし、セルフ処理することができるため便利ではありますが、カミソリやシェーバーの使用はお肌へ強い刺激を与え、黒ずみができる原因になります。

まず、カミソリやシェーバーでムダ毛処理を行うと、その部分はどのような状態になるでしょうか?ムダ毛がなくなっているだけではなく、なんとなくお肌が乾燥したり、ゴワ付いたりすることはないでしょうか?

実は、カミソリやシェーバーをお肌に滑らせると、ムダ毛だけではなく、表皮の角質まで削り取ることになり、お肌はバリア機能を失った状態になります。

そして、頻繁に刃物による刺激を与えられ続けた部分の皮下に存在するメラノサイトが刺激されて、黒ずみが発生するリスクが高まります。

つまり、お手軽だからと続けてきた刃物によるムダ毛処理が、黒ずみというとんでもない代償となって現れてくるということです。

ムダ毛処理は、医療機関で処理するのが最も安全で確実な方法ではありますが、時間的・経済的負担が大きくなるというデメリットを持っています。

医療機関でムダ毛処理を行えないのであれば、低刺激性の除毛クリームを使用するなど、なるべくお肌へ負担をかけない方法を選択しましょう。

また脇の黒ずみの原因としては他にも、スプレータイプのデオドラントの使用や入浴時の摩擦、衣服のすれなど様々です。
出来る限り気を付けたいところです。

ハイドロキノンが脇の黒ずみに効くって本当?!

ポイントを示す女性

現在では、市販されている化粧品の中にもハイドロキノンを配合しているものがあり、ハイドロキノンの知名度はかなり高くなっていると考えられます。
では、ハイドロキノンはどのようにして黒ずみに働きかけて行くのでしょうか?

ハイドロキノンは、”皮膚の漂白剤”の異名を持つ成分で、メラノサイトにダイレクトに働きかけ、メラニン色素の生成を阻害する作用を持っています。
つまり、ハイドロキノンを正しい方法で使用することにより、脇の黒ずみ改善効果が現れてくるということです。

また、医療機関では、ハイドロキノンとともにトレイチノンが処方されることが多く、これはハイドロキノンがメラノサイトにダイレクトに働きかけるのに対し、トレイチノンがお肌のターンオーバー促進作用を持っているからです。

つまり、トレイチノンで細胞の入れ替わりを促しつつ、美白効果の高いハイドロキノンのW効果で、脇の黒ずみを改善して行くということです。

トレイチノンとハイドロキノンの副作用について

トレイチノンとハイドロキノンは、どちらも副作用が現れやすい成分です。

市販されている化粧品の場合では、ハイドロキノンの配合量が少ないため、副作用が現れることは滅多にないと考えられていますが、医療機関で処方されるハイドロキノン配合クリームには、5%以上のハイドロキノンが配合されていることが多く、使用に際しては少々注意が必要です。

ハイドロキノンの副作用とは?

ハイドロキノンは浸透力が高いため、肌の深い部分まで入り込んで炎症を引き起こさせることがあります。

また、炎症とともに激しい痒みが伴うこともあります。また、高濃度で配合されているハイドロキノンクリームを使い続けると、その部分に白斑(白抜け)ができることがあります。

白斑とは、その部分の細胞が破壊され、メラニン色素が生成されなくなる状態を指します。

そして、ハイドロキノンをつけた部分が紫外線を浴びてしまうと、その部分だけに色素沈着が起こることがあります。
ハイドロキノンを使用したのであれば、その部分が紫外線を浴びないように注意するか、日焼け止めクリームなどで紫外線をブロックしておく必要があります。

トレイチノンの副作用とは?

トレイチノンはターンオーバーを促進させる作用を持っているため、角質層が急激に剥がれ落ちて、その部分の皮がボロボロと剥けることがあります。
トレイチノンでこのような状態が起こったら、無理に皮を剥がそうとせず、自然に剥がれて行くのを待ちましょう。

また、ハイドロキノンと同様に炎症が起こったり、つけた直後からお肌がヒリヒリすることがあります。
これらは好転反応ですので心配ありませんが、あまりにもひどい場合には、専門医に相談してみるとよいでしょう。

このように、トレイチノンやハイドロキノンは副作用が現れやすい成分ですので、これによって脇の黒ずみ改善をお考えの方は、できるだけ医療機関で処方を受け、正しい使用方法についての説明を受けておくことがベストです。

 

↓↓こちらも読まれています↓↓

【注目記事】え?そんな方法も・・・!わきがを消す3つの裏ワザ

【人気記事】管理人が実際使ってみた!わきがクリーム比較ランキング1~5位はコレ!

 

コメントを残す

サブコンテンツ