加齢臭の原因が30代と40代では違う?!

ワイシャツを広げる男性

加齢臭の原因というと「ノネナール」という物質が有名です。40代にかけて出始めるとされていて、 分泌される皮脂が酸化することによって生成される物質です。

加齢臭の原因となるノネナールという物質は分泌された皮脂が酸化されて出来るということですから、あの特有のニオイの強さには分泌される皮脂の量が関係していると言えそうです。

そう思って分泌される皮脂の量が多いのは どの年代なのか?調べてみました。すると、一番皮脂の分泌量が多いのはなんと、30代だったんです!

一般的に加齢臭が出始めるのは40代だと言われていたので意外や意外でした。

30代と40代では原因物質が違う?!

ただ、一般的に30代での皮脂が酸化したことによる臭いは、加齢という言葉を使わずに、年齢臭と言って使い分けるのだとか。へぇ。

それと、30代の男性から発生する特有の脂っぽいニオイの原因となっているのは、ノネナールとは別の「ペラルゴン酸」という脂肪酸の一種らしいです。

成分的にはノネナールと同様に皮脂の酸化で発生するとのこと。

ノネナールは一般的には40歳過ぎてから発生するらしいので、30代の年齢臭の原因はノネナールではなくペラルゴン酸が原因ということになりますね。

まとめますと、

40代以上の加齢臭の原因はノネナール

30代の年齢臭の原因はペラルゴン酸

ということです。

それから、近年、年齢臭が出始めるのが早まっていて、40代から30代の半ば頃まで早まっているのだとか。その要因としては食文化の欧米化が挙げられています。

いずれにしても、年齢に伴うニオイに関しても、毎日の食生活が大きく関わっていると言えそうです。加齢臭の原因に深く関係する「皮脂」の分泌量をいかに減らすか。

それから、皮膚に付着した皮脂をいかに落とすのか?がカギになりますね。

参考にしてみて下さい。

 

コメントを残す

サブコンテンツ