衝撃!ボトックス注射にはリスクや副作用があった?!

注射器の針のアップ画像

美容整形でも人気のボトックス注射ですが、わきがにも効果があるというのがよく知られています。

ボトックス注射はわきが治療の中でも、通院期間もほとんどなく、ダウンタイムもかなり短くて済むことで人気です。

汗の分泌量を抑えたい部位に注射するだけなので、手術のように後遺症などのリスクが少ないのも人気の理由の1つです。

そんなメリットだらけのボトックス注射ですが、副作用などのデメリットはあるのでしょうか?

【注目記事】ワキガだとばれないために持っておくと便利な商品とは?

ボトックス注射の気になるリスクとは?

スーツ姿で考える女性

ボトックス注射はその治療の傷もつかないため、手軽に受けられる治療方法として人気になっています。

ところが、実は2012年に厚生労働省から認可されたばかりで、まだ歴史の浅い術式なのです。

ボトックス注射の施術は、病院や取り扱う医師によって価格に幅があります。

これは安い中国産や韓国産の製剤を使ったり、経験のない医師や若い医師を使ったりすることで、処置の経費を抑えている可能性があるようです。

つまりこうしたことを踏まえると、まだボトックス治療が始まってから歴史が浅い分、将来にわたる経過や調査結果については未知数なのでリスクをはらんでると言えます。

まずは自分の安全のためにも、厚生労働省が認可している製剤を使っている病院か確認してから、施術を受けるようにしましょう。

ボトックス注射の気になる副作用とは?

不安そうな女性

また、ボトックス注射はボツリヌス菌の神経毒を利用して、筋肉を一過的に動かないようにし、汗を抑える術式です。

もともとは顔面神経痛や眼瞼神経痛などに使われてきました。

瞼や顔面の治療に使う薬剤の量はごく少量ですが、それでもやはり副作用は報告されています。

わきがの治療の場合、脇の下に広範囲にわたって、薬剤の量も多く投与するわけですので、副作用がでる可能性は高いです。

実際に、注射を受けて数週間たった後に、腕の倦怠感、重量感、しびれ、不快感、ひきつりなどを訴える患者さんもいるようです。

また注射の直後に腫れや内出血が出る場合もあるようです。

また、せっかく高い費用を出して打ったボトックス注射でわきがの効果を満足できない人も多いようです。

臭いは減っても、完全に臭いがなくなるわけではなく、重度の患者さんにとっては臭いが、ほとんどとれなかったという方もいるのです。

また、効果の持続が短いこともネックです。通常1年から1年半に1~2回の投与が必要ですが、早い人で3~4か月で効果がなくなる場合があります。

通常でも短い期間しか効果が持続しないため、英雄的に注射を続けて打ち続けなくてはならないため、治療にかかるトータル費用は高くなってしまいます。

ボトックス注射は臭いや汗で悩んでいるけど、手術までは考えていない人やわきがの臭いが軽い人、もしくは少しくらいは臭いが残っても気にならない人向けの治療法かもしれません。

コメントを残す

サブコンテンツ