加齢臭対策はシャンプーから!3つのポイントでスッキリ消臭

シャンプーがついた頭髪

加齢臭の原因物質は頭皮から発生することもあり、臭い対策はまずシャンプー選びからスタートする方も多いですよね。

そこで今回は加齢臭対策に効果的なシャンプーのポイントを3つご紹介します。

1.シャンプーの使い方が重要

頭皮からの加齢臭対策はシャンプーの種類よりも、その使い方を見直すことから始めるのがベストです。

どんなに質の良いシャンプーを使っていても洗い方が間違っていると本来の効果を得られませんし、場合によっては逆効果となってしまうこともあります。

正しいシャンプーを行うためには、地肌をきちんと洗うことを意識してください。地肌から発生する皮脂や汗汚れは放置すると加齢臭や体臭の元となってしまうためです。

頭皮を洗う際には爪を立てず、指の腹で優しく揉み解すようにマッサージしましょう。爪を立てて洗髪すると、頭皮が傷つけ、余分な角質を剥がすことになり、フケの原因となります。

結果、そのフケが毛穴に詰まり皮脂の酸化を促進し加齢臭を引き起こしやすくしてしまうのです。

とは言え、シャンプーの種類も重要です。頭皮用のシャンプーでない髪用のものを使うと、逆に毛穴に成分が詰まりフケの原因になります。注意して下さい。

2.シャンプー前後のすすぎも大切

また、シャンプーの前と後に行うすすぎの手順もしっかりと行うことが大切です。

事前にしっかりと頭皮からすすぎをしておくと、後にシャンプーの泡と地肌がよく馴染むため、ケア効果が格段にアップします。

最後の洗い流しは少し多めに行うことを意識しましょう。十分に流して泡残りを防ぐことで、頭皮が負担を受けて臭いの原因物質を作り出してしまうリスクを抑えられます。

3.洗浄と保湿のバランスが良い銘柄を

市販の安いシャンプーは洗浄力に重きを置いた製品がほとんどで、場合によっては頭皮に必要な成分まで洗い流してしまうことがあります。

加齢臭の原因となる皮脂も、全てをオフすれば良いというものではなく、適量を残すことで健康な地肌環境が保たれるものです。

加齢臭対策を確実に行いたいのであれば、必要最低限の洗浄力と、加えて保湿効果を併せ持つシャンプーを選ぶのが良いでしょう。

不必要な皮脂を洗い落としながら、過剰な皮脂の分泌も抑えてくれるので使うほどに効果を実感できるはずです。

まとめ

いかがでしたか?

シャンプーでの加齢臭対策は正しい洗髪方法と、質の良いシャンプー選びの双方が大切です。
同時にヘアケアの効果も得られますので、是非トライしてみてください。

関連記事

>>素朴な疑問!加齢臭っていつから出始めていつまで続くの?

>>だんなの耳の後ろから加齢臭?!夏に強くなるものなの?

 

コメントを残す

サブコンテンツ