えっ!パセリが体臭に効く!ってそれ本当なの?

パセリ

自分の体臭が気になってしまう、そんなときは食生活を見直してみませんか?

あまりにも臭いがあるように感じるときは気付けば肉食中心の生活をしているときだったりするのです。

臭いが出てしまう原因の一つは動物性脂肪やたんぱく質の多量摂取です。

脂肪分が多くなればその分脂肪を含んだ汗や脂肪酸が分泌されてしまうのです。

つまり、脂身の多い肉を摂取すればするほど身体が臭くなってしまうのです。それを防ぐにはどうすればいいでしょうか。

 

【注目記事】必見!わきが・脇汗が原因の黄ばみを無くす方法10選

 

昔も今も体臭対策にはパセリ!これで決まり!

2000年の歴史を持つエチケットの代表といえばパセリです。

日頃から、お肉など脂っこい食べ物をたくさん食べると、体内が酸化して酸性に傾いてきます。すると中和するのに必然的にアルカリ性の食品を食べなければなりません。

体臭を抑える食品と言うのは多くありますが、中でも一際効果があるのがパセリです。

パセリにはクロロフィルという成分が含まれていて、強力な消臭作用を持っています。また、クロロフィルだけでなく、フラボノイドといわれる殺菌・抗菌作用を併せ持つためより体臭予防効果が期待できます。

また、ちょっと余談になりますが、付け合せでよくパセリが添えられていることからも分かる通り、実は食中毒の予防効果もあると言われています。

パセリの歴史を見ても2000年前の古代ローマ、ギリシャ時代からパセリが食卓において使用されていたのです。歴史的にも医学的にも重要視されているパセリの効能はその事実からも一目瞭然であるでしょう。

パセリが苦くて食べられない!そんなときは…

パセリ自体は独特の味がするため、人によっては食べられないという場合も出てきます。そんなときはどのように工夫すればいいでしょうか。

一番食べやすい方法は粉末にしてしまうことです。

粉末にして料理やオリーブオイルに混ぜることで、独特の苦味を紛らわせることができます。パセリが苦手な人はこのような方法で克服することが可能です。

パセリを粉末にする方法

偏に粉末にすると言っても、そのままだとべちゃべちゃになって上手くいきません。パセリは以下の方法で粉末にします。

  • 1.水で綺麗に洗ってキッチンペーパーでしっかり水気を取る。
  • 2.茎の部分は使わないので切り取る
  • 3.キッチンペーパーを敷いた耐熱容器に乗せて2分ほどレンジで加熱
  • 4.様子を見ながら水気が無くなるまで追加で加熱
  • 5.水気が無くなったら手でもみほぐして粉々にしていく

まとめ

いかがでしたか?

パセリなどアルカリ性の食品を食べ続けることで、体臭が出ないような身体作りをすることが肝心です。

それだけではなく常日頃の食生活が肉や乳製品、脂っこい食べ物などに偏りすぎて、体臭が発生する身体に逆戻りしないように心がけましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ