それ本当に加齢臭?!もしそうなら病院で治療できる?

病院をイメージさせるクレイ人形

加齢臭が病院で治療できるのかどうか知りたくて起こしになられた方も多いことと思います。

ただ、ちょっとまって下さい!それって本当に加齢臭ですか?

そもそも加齢臭とはどんな臭いなのか。それは人によって感じ方が違うようですが、一般的には「古い油の臭い」や「チーズのような臭い」などと表現されているようです。

加齢臭は皮脂腺から分泌された皮脂が酸化することが原因なのでそのような臭いになります。

しかし加齢臭のある人の中には、他の体臭や臭いの方が強く出ているケースもあります。

皮脂の濃度が濃ければそれだけ脂質の多い食生活をされているでしょうし、その場合は汗腺からの汗も脂肪を含み、その他の有機物も多く含んでいることでしょう。

そうなれば汗自体の臭いも加齢臭に加わりますし、ワキガと加齢臭の混合臭なんてこともあると思います。

加齢臭を含め体臭にはどんな臭いの種類があってどんな治療があるの?

人間から発せられる臭いの種類としては、以下のような種類があります。

  • ノネナールが原因の加齢臭
  • 汗や皮脂が原因のワキガ、汗臭
  • 口腔内環境や内科的疾患が原因の口臭
  • 内科的疾患が原因の体臭

などが代表的なものでしょう。

ワキガに関しては手術療法があります。口臭であれば歯科での治療。内科的疾患が原因のものであれば内科での治療があります。

これらは原因を根本的に改善することができ、しっかりとしたエビテンスもあります。

加齢臭は病院で治療できないの?

先に挙げたものはこの記事の内容上「臭いの治療」と思われそうですが、そうではありません。

結果的に「臭い」という症状が出ているだけで、治療対象は臭いではなく、その臭いのもととなっている「原因」の部分なのです。

たとえば、口臭であれば歯槽膿漏や虫歯。内科的疾患であれば肝硬変や十二指腸潰瘍などの治療の結果、臭いがなくことが多いのです。

なので、加齢臭も原因を治療することが臭い解消のカギを握ると言えます。

そんな中、もともと加齢臭の治療をする病院はなかったのですが、近年、加齢臭の治療も行うという病院がいくつか出てきています。

しかしこれらの治療にはまだまだ症例数も少なく、確実性のあるエビテンス(証拠)もほとんどないようです。

行われる内容としては本当にそれが加齢臭なのかを判断したり、臭いを予防しやすい石鹸をだしたり、カウンセリングしたりということらしいです。これから体臭を専門に扱う専門科の需要が高まれば症例数も急増して、効果的で統一された治療方法がでてくるかもしれません。

まとめ

加齢臭は日常生活の改善で予防できることが解ってきています。病院などで医師の診察にかからなくても食生活を見直すなどで加齢臭・体臭を予防することは可能です。そして、良い食生活習慣が身につけば健康な身体を作ることにもつながります。

まずは、今のあなたの生活習慣に目を向けてみてはいかがでしょうか?

>>加齢臭をセルフチェックしたいけど自分では気づけない?!

>>洗濯で加齢臭対策!正しい洗い方のポイントとは?!

 

One Response to “それ本当に加齢臭?!もしそうなら病院で治療できる?”

  1. 体の臭い対策をもっと効率よくするために、体臭サプリメントが支持を集めています。

    販売されている体臭サプリメントによって働き方は異なるのですが、ほぼ臭いの元そのものの発生を抑制するための効果を持っています。

    体の臭いサプリの中には柑橘系成分が入っているものがあります。この柑橘系の体臭サプリは特に脇の臭い予防に有効です。

    加齢による臭い対策のサプリメントを選ぶ際の注意としては、「加齢臭対策」という言葉だけを鵜呑みにしないことです。

    例えば、口の臭い用のサプリで加齢による臭いにも効くと謳っているようなものの場合、加齢臭への効果はほとんど期待できません。口臭と加齢臭では原因が全く違うからです。

コメントを残す

サブコンテンツ