ポリエステル製の衣類でわきが臭が悪化する?!

ハンガーに掛かった衣服たち

ある特定のデザインや素材の洋服を着ると、体臭がひどくなるという経験はありませんか?

特にわきが臭が悪化すると言われているのが、実はポリエステル製の衣類です。

ただ、残念なことに衣類が原因だということにに気付いていない人が結構多いんです。

 

【注目記事】必見!わきが・脇汗が原因の黄ばみを無くす方法10選

 

ポリエステル製の衣類を着るとわきが臭が悪化する理由

ポリエステル製の衣類を着た時、どのようなメカニズムで、体臭が発生するのでしょうか?

ポリエステル製の衣類を着用している時にかいた汗は、蒸発せずに皮膚の表面に溜まっています。

このような状態では、雑菌の繁殖が活性化されてしまい、悪臭の発生が起こります。

その上、ポリエステル製のシャツは、通気性が悪く熱がこもりやすく余計に汗をかいてしまいます。悪臭が発生する悪循環に陥りやすいのです。

わきがの臭いが気になる原因の一つになっているのです。

ポリエステルは綿と比べると・・・

ポリエステルが綿に比べると、繊維類の中では吸水性が悪く、その上更に汚れが落ちにくいという繊維としての特性が影響し、ポリエステル製は臭いやすいのです。

ポリエステル製の衣類は、速乾性ですが、吸水性が悪いため、汗が沢山出ると、衣類が吸収できずに、皮膚の表面に残りやすいからです。

つまり、綿よりも水分が多く、雑菌が繁殖しやすいため余計に臭います。

身体中で特に臭うのが脇の下です、脇の下は肌と肌が密着していて風通しが悪く、温度が高くなり雑菌が繁殖しやすい環境だからなのです。更に、ポリエステル繊維製の衣類の場合は、余計に繊維の特性が影響してしまうのです。

だから脇の下は、臭いやすいのです。

ことさら、ポリエステル製の衣類の場合汚れが落ちにくいと言う、繊維の特性が加わり菌の繁殖しやすい環境となってしまうのです。

わきがの人がポリエステル製の衣類を着る時に注意したいこと

それは、汗をかいたら直ぐに汗を拭くことです。

そのまま放置すると、衣類が水分を吸収してくれないので、皮膚表面では水分量が増え、比例して雑菌も増えてしまいます。

そこで、脇の下などには汗取りパッドなどを使用することをオススメします。

衣類にわきがの臭いや体臭が移らないようにしっかりと対策をしなければいけません。一度付いてしまった臭いを取るのはなかなか難しいことなのです。

衣服からわきが対策する時のたった1つのポイント

それは、ポリエステル製の衣服を着ないということです。

どうしても、着用する場合はいつもよりもワンサイズ大き目の衣類を着用し、身体にピッタリとさせずに通気性をよくすることです。

綿素材の衣類は、汗をよく吸収してくれますが、汗の乾きは遅いです。ポリエステル製の衣類の方が汗を素早く蒸発させてくれます。

ワキガ対策には、化学繊維か綿とポリエステルの混紡の素材を選ぶ方よいです。

ポリエステル製の身体にピタッとフィットする衣類は、ワキガの方は避けて同じデザインなら混紡素材を選ぶようにされては如何でしょうか。

コメントを残す

サブコンテンツ