加齢臭の原因になる活性酸素とは?

加齢臭の原因物質「ノネナール」を発生させる要因のひとつ、『活性酸素』について知っておくことは、加齢臭対策にも繋がります。

何となく知っているつもりという人や、聞いたこともなかったという人にも分かりやすいよう、ご紹介していきますので、この機会に学んでおきましょう。

電話する中年男性

活性酸素とは

活性酸素とは、空気中に存在している酸素が人体に取り込まれ変化してできる物質です。

体内の様々な組織を酸化させる働きがあるため、アレルギーやガン、体臭など多くのヘルストラブルと関わりがあります。

健康に悪影響を与える物質としてピックアップされることの多い活性酸素ですが、細菌を殺すなど有益な働きも持っているので上手く付き合っていくのが良いでしょう。

活性酸素が生じる原因とは?

本来、活性酸素は普通に生活を送っていても体内で生成されるものです。

そこへさらにストレスや紫外線、喫煙や飲酒、不摂生などの外的要因が加わることで、大量発生へと繋がります。

特にストレスが与える影響は大きく、副腎皮質ホルモンの生成による副産物、ビタミンCの消費による対策力の低下の両面から活性酸素の増加が引き起こってしまいます。

活性酸素を減らすには

ストレスや紫外線、嗜好品などの要因を取り除くことが欠かせません。

自分に合うストレス解消法を見つける、日よけグッズや日焼け止めを活用する、飲酒や喫煙量を加減する、といった対策を行ってみましょう。

また魚介類や野菜を積極的に採り、肉や添加物中心の食習慣を改めることも大切です。

食事内容を改善すると活性酵素の生成量が減るだけでなく、効率よく分解することもできるようになります。

体内の活性酸素量を抑えることができれば、加齢臭対策に繋がるだけでなく、肥満や疾病を防ぎ、アンチエイジング効果も得られます。

まとめ

無理のない範囲で健康的な生活を心がけ、根本からの加齢臭対策を行っていきましょう。こちらに加えて食生活の改善も同時並行で行うと効果が大きいです。基本は和食中心の食生活で、刺激物や肉類、脂肪の多い食事は極力控えます。

これらは、短期集中型で行うよりも、長期的に継続するのが臭い予防への近道ですよ。

関連記事

>>栄養のバランスは大事!ビタミンを摂るのが加齢臭にも効果的?

>>40代50代必見!加齢臭対策に超音波治療が有効?

コメントを残す

サブコンテンツ