加齢臭の兆候を早期発見するための方法とポイント

加齢臭の対策は少しでも早めに始めたほうが効果を発揮しやすいものです。目には見えない加齢臭の兆候を少しでも早く見つけるためには、どうすればいいのでしょうか。

そもそも、加齢臭の兆候は見の裏付近から独特の油臭さが出てくることと言われています。自分ではなかなか気づきづらいのが難点です。

そこで早期発見するための方法をご紹介します。

頭を押さえる男性

第三者に判断してもらう

自分から発せられている臭いは、自分では常に嗅いでいるので鼻が慣れてしまい気付きにくいものです。

そこで家族や友人など気が置けない間柄の第三者に、加齢臭の兆候を感じないか、日頃の印象を聞いてみるのが一番確かな方法となります。

ただし、あなたに気を遣ってしまう相手に聞いた場合、ネガティブなイメージを持たれがちな加齢臭をズバリ指摘するのを躊躇い真実が隠されてしまう可能性もあります。

その場合全くのデタラメを言うのではなく、分厚いオブラートに包んだ表現を選ぶケースが多くなりますので、第三者に自分の体臭を確認する時は、意見を少し大げさに捉えるくらいがちょうど良いかもしれません。

肌に触れるものの臭いを確認する

加齢臭の大きな特徴の一つに、臭いが布製品へ移りやすいという点があります。

また同時に、加齢臭はその布製品を数日放置することで臭いが増幅する傾向も持ち合わせた特殊な体臭です。

この2つを利用して、1日着用した肌着やTシャツをあえて数日間洗わず残しておき、襟元などの臭いスポットを確認する方法で加齢臭をチェックすることが可能になります。

汗臭さとは異なる、ロウや古本のような臭いがしたら、それは加齢臭発生の兆候です。

普段は小まめに洗濯をしているため本人、周囲も気付かない程度の僅かな臭いかもしれませんが、数日放置して臭いが生じるということは加齢臭の原因物質「ノネナール」が出ているという確かな証拠になりますので、対策することをお勧めします。

まとめ

いかがでしたか?

発生の時期が人によって異なる加齢臭は。その兆候を見逃さず、的確な時期に対策を取り始めたいですね。

涼しい季節も油断せず、ワンシーズンごとにどちらかの方法で確認すると見極めやすいかもしれませんよ。

また合わせて食生活の見直しなど、加齢臭の予防を心がけた行動も大切です。

関連記事

>>専用の石鹸で加齢臭の原因物質を落としましょう

>>加齢臭の予防効果があるアスタキサンチンとは?

>>加齢臭ってどんな臭い?誤解していませんか!?

コメントを残す

サブコンテンツ