わきがの臭い防止に汗脇パットは効果あり?

汗を掻いて暑そうにする女性

夏の暑い日は特にわきがの人は脇汗が蒸れてしまって大変ですよね。ただ、秋から冬にかけても空調や厚着などで意外に汗を掻くもの。

そんな中で、わきが体質の人は、エクリン腺から出る汗とは違う、アポクリン腺特有のぬるぬるとした汗が肌にまとわりつき不快な思いをします。

わきがの人に限らず、脇の汗を止めるには汗脇パットが有名ですが、これってわきがの臭い防止にも効果があるのでしょうか?

【注目記事】必見!わきが・脇汗が原因の黄ばみを無くす方法10選

汗脇パットの効果と弊害

スーツの上から脇の臭いを嗅ぐ女性

汗脇パットは物理的に脇からの汗を受け止めてくれるので、その点については効果は絶大。気になる汗じみも抑えてくれるので、薄着の季節でも安心です。

しかしこの汗脇パットがわきがの原因になる悪玉常在菌のエサ場になっているってご存じでしたか?

たとえば一日中汗脇パットをつけていたとします。

たしかに午前中は脇からの汗を抑えてくれるのでよいのですが、昼食後など汗をかいた後になると臭いがこもりはじめます。

午前中にアポクリン腺から分泌された汗をたっぷり吸っているので、その汗をエサに悪玉常在菌が分解を始め、わきがの匂いを作り始めるのです。

午前中は強い味方だった汗脇パットが、午後はまるで敵の温床になるようなものです。

汗脇パットには汗を受け止めてくれるという効果と、悪玉常在菌のエサ場になるという弊害の両方が存在しています。

わきがには汗脇パットは効果がない?

しかしわきがの人でも汗脇パットを上手に使えば臭いの防止に効果があります。

まず大切なのは殺菌効果があるものを選ぶこと。

安いからという理由で殺菌効果がないものを選ぶと、その汗脇パットは悪玉常在菌のエサ場になってしまいますが、殺菌効果があるものを選べば悪玉常在菌も繁殖せず、きちんと汗を受け止めてくれる強い味方になります。

もう一つは使う時間を選ぶことです。

ずっとつけていると匂いや悪玉常在菌がこもってしまいますが、通勤などの移動時間や営業の外回りなど、特に汗をかきやすいときだけに限定して使用し、終わったら捨てるようにしておけば、余分な臭いを発する心配もありません。

使い終わった後に新しい汗脇パットをつけてもよいのですが、汗脇パットは吸水性に優れているので、あまり新しいものをつけすぎると脇がいつも汗を掻く状態を保つようになってしまいます。そうなれば臭いがひどくなるのも当然です。

空調の効いたオフィスにいるときなどは汗脇パットを外しておくとよいでしょう。

まとめ

最近では肌の貼りつけるタイプの汗脇パットや塗るタイプのデオドラント剤など、いろいろな脇汗防止グッズが売られています。

自分にライフスタイルにあったものを選び、確実に臭いをシャットアウトできるよう気をつけておきましょう。

【人気記事】わきが対策デオドラント人気の5つを比較ランキング!

【注目記事】ワキガだとばれないために持っておくと便利な商品とは?

 

コメントを残す

サブコンテンツ